トピックス

愛知県への請願署名に、ハンコがいらなくなりました!!

カテゴリー: 政策関連, 齋藤ひろむ

悪名高き、愛知県議会の「請願署名への捺印義務」が、先日の愛知県議会でついに廃止されました~!

私の周りの皆さんも、「私学助成の署名」とか、「学童保育の充実求める署名」とか、いろいろ取り組んでいらっしゃると思います。
署名とあわせて「ハンコを押してね」というのは、昔は多かったんですよね。
今では全国のほとんどの議会では、ハンコは必要ありません。
しかし、都道府県レベルでは、愛知県議会だけがハンコが必要、とされていたんですね。

愛知県議会では、ハンコが押してない署名は「無効」という扱いだったんです!
しかもひどいことに、たくさん集まった署名から、ハンコが押してある数を有効にするのではなく、たくさん集まった署名の一部をとりだしてハンコの数を数え、有効署名数/総数の割合を当てはめて署名の数とする…というひどいやり方をやっていたんですよ!
一人一人の書き込んだ、署名に託された想いを、なんだと思ってるのでしょうねぇ。

そんな愛知県も、ついに、署名にハンコは必要なし!ということを、先日の議会で全会一致で決めました。
どの署名も「ハンコもお願いね」のひと手間が不要になりました。

昨年四月の日本共産党の県議会議員の誕生で、愛知県議会へ提出される請願署名の種類と数は、飛躍的に伸びています。
今後も、市民の皆さんの要望を、請願署名という形で、愛知県議会にも、豊橋市議会にも、どんどん寄せましょう!

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2018 日本共産党豊橋市議団 All Right Reserved.