トピックス

市民病院の選定療養費、学校からの搬送事例がありました

カテゴリー: 活動報告, 齋藤ひろむ

市民病院の選定療養費5400円ですが、学校から救急車で搬送されて、親御さんの負担になったという事例が生じたと報告を受けました。
体育のときに跳び箱から落ちて、時間がたっても首が痛いというので念のために救急車を呼んで運んでもらったということです。
結果は、大事には至らず、検査も異常なしということでした。

しかし…こういう事例に、容赦なく、5400円が負担となって襲い掛かってくるんです。
この場合、学校側としては「やむなく市民病院に」という話になるんです。
市民病院は、市民のための病院ではないのでしょうか?
「なるべくなら、お金のかからないほかの病院に」となるようなことで、いいのでしょうか?
市民病院の在り方が根本から問われることがらだと思います。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2018 日本共産党豊橋市議団 All Right Reserved.