トピックス

来年度予算への要望を市長に提出しました

カテゴリー: 活動報告

29年度予算要望

来年度予算についての要望書を、佐原市長に提出し、懇談をしてきました。

今回の要望の内容は、市政全体の分野にわたるのですが、とりわけその中でも重要視している項目を、以下の13点にまとめました。

  • 特別養護老人ホームの更なる増設をすすめ、要支援1,2、要介護1,2の方にも実態に応じ入所をはかること
  • 国が改悪を強行した要支援者の総合事業への移行にあたっては、現行のサービス水準を維持し、事業者の運営に困難が生じないようにしていただくこと
  • 子ども医療費助成制度について
  • 無料の対象を通院も中学卒業まで引き上げていただくこと
  • 学童保育指導員(支援員)の処遇改善を図るためにも、国の処遇改善補助金を豊橋も導入していただくこと
  • 国民健康保険税を一世帯あたり平均1万円引き下げていただくこと
  • 国民健康保険税の均等割を18歳まで免除していただくこと
  • 市民病院における選定療養費の対象から、救急車による搬送をのぞくこと
  • 学校給食費の無料制度の導入をはかること
  • 小中学校の普通教室にエアコンの設置を行うこと
  • 市独自の奨学金制度の導入をはかること
  • ゴミ収集の民間委託をやめ、直営でおこなっていただくこと
  • 地域経済をささえている中小企業、地場産業、商店街などの役割を重視した「豊橋市中小企業振興条例(仮称)」を制定し、地域経済振興を図っていただくこと
  • 住宅リフォーム助成制度を創設していただくこと

その後の懇談では、これらの要望に、市長のご意見はまったくかみ合いませんでした。

私(斎藤)の感想としては、豊橋市の施策の一つ一つへの賛否(評価)の前に、市長の政治姿勢そのものを問い、対決をしていくということが、議会の論戦上どうしても必要なことであるように思いました。
議会ではなかなか答弁に立たない市長です。
本当はしゃべるの好きなはず、と思っていますけど。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2018 日本共産党豊橋市議団 All Right Reserved.