トピックス

あってはならない高校と生徒へのバッシング

豊橋市内の桜丘高校で、30名あまりの生徒が新型コロナウイルスに感染しました。

学校と保健所の調査で、学内でクラスターが発生してはいないとされましたが、多数の生徒の感染が報道されてから、あってはならない高校と生徒への「バッシング」が生まれました。

高校のHPでは、「「(電車の中で)にらまれた」「よけて通られた」「『(他校の生徒が)なんで桜がおる?』と話しているのが聞こえた」等の声も…」(渡邊校長先生)と紹介もされています。学校に問い合わせたところ、電話での中傷などがあり、中学部の生徒さんには「私服での登校を許可」したのだそうです。感染したことを先生に泣きながら報告をする生徒さんもいらっしゃったそうで、生徒さんの気持ちを考えると、あまりにもいたたまれません。

新型コロナウイルス感染症は、だれもが感染の可能性があり、感染した人は何らの責めを負う必要はありません。まして、学校の生徒さんに対しての暴言は決して許されるものではありません。

豊橋市は、昨年「コロナ禍からみんなで 豊橋のまちを守る条例」を制定しましたが、その第6条には、「市民等は、誰に対しても~中略~不当な差別的取扱い、誹謗中傷、プライバシーの侵害等をしてはいけません」と定め、第4条(5)では、市に対して「風評、誹謗中傷等による被害の防止」に取り組むことをうたっています。理念条例であるとはいえ、コロナ禍での健康や命の不安に加えて、こうしたことがらが起こっている事には適切な対応が求められていると考えます。

市民のみなさんにも、感染した方に対してはもとより、感染した方の身近な人、医療従事者に対してなど、あらゆる差別と偏見、誹謗中傷をしないという当たり前の行動をよびかけたいと思います。

(斎藤ひろむ)

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2023 日本共産党豊橋市議団 All Right Reserved.