トピックス

2016年度の予算要望を行いました

カテゴリー: 活動報告

今日は、豊橋市長に対して、日本共産党豊橋市委員会及び、日本共産党豊橋市議団として、2016年度予算への要望書を提出してきました。
10項目の重点要望(下部に記載)と、分野別の要望項目について、冊子にして市長に手渡しました。

市長に予算書を手渡しました。

市長に予算書を手渡しました。

昨年度は、一人会派で実施できなかったので、二年ぶりの要望提出です。
三人の市議団になったからこそ!という貴重な機会ですね。
要望項目について、市長と意見交換をして、ぜひとも実現をと語ってきました。

 

「重点要望項目」

①子ども医療費助成制度について 無料の対象を通院も中学卒業まで引き上げていただくこと
②学校給食費の無料制度の導入をはかること
③介護事業の東三河広域連合への移管はやめ、豊橋市の高齢者の実情に応じた、きめ細かい制度として確立を図ること
④特養ホームの更なる増設と、要介護1,2の方の締め出しをやめ、充実を図っていただくこと
⑤国民健康保険税を1人当たり平均1万円引き下げていただくこと
⑥国民健康保険税の均等割を18歳まで免除していただくこと
⑦まちなか図書館の運営は、委託や指定管理制度は導入せず直営にておこなっていただくこと
⑧ゴミ収集の民間委託をやめ、直営でおこなっていただくこと
⑨地域経済をささえている中小企業、地場産業、商店街などの役割を重視した「豊橋市中小企業振興条例(仮称)」を制定し、地域経済振興を図っていただくこと
⑩住宅リフォーム助成制度を創設していただくこと

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2014 - 2021 日本共産党豊橋市議団 All Right Reserved.